犬と人間の関係

犬のしつけDVD対決

犬と人間の関係の始まり

犬のしつけDVD対決 > 犬について > 犬と人間の関係の始まり

犬と人間の関係はいつ始まった?

犬は大昔から「人間の友」として、人間と共存してきました。犬と人間には「団体で生活する」「協調性を保つ」という大きな共通点があります。

犬は獣などの襲撃を防ぐ、あるいは襲撃の危険を飼い主に知らせる番犬として、あるいは狩猟を手伝ってくれる大切なパートナーとして人間と共に生活してきました。数ある家畜の中でも人間の生活に最も密着しているのが犬と言っても過言ではないと思います。

犬のしつけは、狩猟犬として、あるいは番犬として犬を飼うために古くから必要不可欠でした。常に飼い主がリーダーであることを犬に理解させ、命令に従うようにトレーニングするのが犬のしつけの基本です。犬はもともとリーダーに従う本能を持っている動物ですので、きちんとしつけをすればストレスなく命令に従うことができるのです。

狩猟犬にはハウンド種やテリヤ種などさまざまなものがありますが、「追跡」や「待ち伏せ」などといった狩の上での役割をきちんとしつけて教えなければ意味がありません。また、シェパード種やコリー種などは羊の番をさせるために作り出された種ですが、やはり番犬としての役割をきちんと教え込まなければただの駄犬でしかありません。

このように、犬にとってしつけは非常に大切なものなのです。犬を飼っている人、あるいはこれから飼う人は、犬の特性をよく理解して、その長所を十二分に引き出してあげることが大切です。犬の個性を殺すのも生かすのも、飼い主次第なのですから。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ