来いのしつけ

犬のしつけDVD対決

来いのしつけ

犬のしつけDVD対決 > その他のしつけ > 来いのしつけ

来いのしつけとは?

来いのしつけは、離れたところにいる犬を飼い主のそばに呼び戻すしつけで、犬が脱走しかけた時などに交通事故に遭ったり、人や犬に飛びつかないようにするためにも大切なしつけとなります。

またホールドのしつけとセットで、飼い主が放ったボールをとりに行って戻ってくるという、一連の動作ができるようにもなります。

来いはしつけの中でも応用的なしつけになるので、おすわりやふせなどがしっかりできるようになってから、トレーニングを始めるとよいでしょう。まず、「来い」という号令で飼い主の下に来ると、食事やおやつがもらえたり散歩に連れて行ってもらえるなど、何か良いことあるのを犬に認識させましょう。

その際は、「散歩だよ」とか「ごはんだよ、おいで」というように声をかけるのではなく、ただ「来い」という号令をかけて手招きしてみましょう。食事や散歩時に、来いと呼ぶと犬が来るようになったら、犬にリードをつけておすわりをさせ、「待て」と合図して飼い主はリードを持ったまま犬から少し離れます。

そして、リードを軽く引っ張りながら「来い」の号令をかけ、犬が飼い主のほうに来たら片手で引き寄せて首のあたりを撫でて、たくさん褒めてあげましょう。慣れたきたら、徐々に距離を離し、最終的にはリードを使わないでできるようにしましょう。

また、来いの号令で飼い主のそばに来たのにうまくできなかったからといって叱ると、犬はストレスを感じて逃げ、飼い主が後を追うことになります。そうなると、犬が来いという号令は追いかけっこなんだと勘違いするので注意しましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ