留守番のしつけ

犬のしつけDVD対決

留守番のしつけ

犬のしつけDVD対決 > その他のしつけ > 留守番のしつけ

留守番のしつけ

普段飼い主が仕事をしていたり、昼間、家にいないことが多いところで、犬を飼うこともあると思います。

同じ動物でも猫は単独でも行動できるので、それほど飼い主がいないことに心配をする必要はありませんが、犬は特徴として集団で行動しますか、そのことが留守番をさせることに不安を感じる原因になっています。犬は一人でいると寂しいと思うのです。

しかし、しつけをすれば、一人でいても平気になってきますから、留守番をさせることになる犬はあらかじめしつけをしておくといいでしょう。

留守番中におきる問題点としては、訪問者が来たときにほえ続けてしまったり、トイレでちゃんと排泄をしないことや家具などを傷つけたりしないかどうかなどです。好きな飼い主が留守をしているということは犬にとっては不安が沢山ありますから、こうした行動に出ても仕方がないといえば仕方がありません。飼い主がいなくなったとしても、絶対に帰ってくると覚えさせてしつけをするようにすれば、留守番が出来るようになります。

しかし1日くらいの留守番だったらいいですが、2〜3日も家を空けるという場合には、かなり犬にとってはストレスがかかってしまいますから、ペットホテルに預けるなどしてストレスをなくしてあげましょう。具体的な留守番の方法は、最初は5分くらいから始めて、そして少しずつ時間を長くしていくのです。最初はテレビをつけっぱなしにして行ってもいいですし、あまり出掛けるというそぶりを見せずに行きましょう。

そして帰ってきてからは自分のことを優先させて犬に声をかけたり、かまったりするのは後にします。優先させてしまうと留守番が大そうなことに思えてしまうからです。

犬をしつけて留守番させよう

犬を飼っているとどうしても留守番をさせなければならなくなります。

犬は群れで行動をすることを好みますから・・・

・・・続きを読む

大人しく留守番をさせるには?

犬は元々ネコと違って群れを作り行動する動物なので一人になってしまうとどうしても寂しくなってしまいます。

飼い主は毎日ずっと犬と一緒にいる訳にはいかないので・・・

・・・続きを読む

留守番のしつけは意外と難しい

犬のしつけで意外と難しいのが「留守番のしつけ」です。

基本的に、大昔から群れで暮らしてきた犬は寂しがりな性質を持っていることもあり・・・

・・・続きを読む

留守番のしつけのコツ

犬は群れで生活するので集団を好む性質があり、逆に孤独を嫌う傾向にあります。しかし仕事や買い物、旅行などで飼い主も家を空ける機会が多く・・・

・・・続きを読む

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ