大人しく留守番をさせる

犬のしつけDVD対決

大人しく留守番をさせるには?

犬のしつけDVD対決 > その他のしつけ > 留守番のしつけ > 大人しく留守番をさせるには?

大人しく留守番をさせるには?

犬は元々ネコと違って群れを作り行動する動物なので一人になってしまうとどうしても寂しくなってしまいます。

飼い主は毎日ずっと犬と一緒にいる訳にはいかないので留守番ができないでは問題ですね。留守番のしつけをきちんとして、飼い主がいない間、問題を起こさないように大人しく待っていられるように覚えさせましょう。

大人しく待っていれば飼い主が必ず帰ってくることさえ分かっていれば犬は不安感もなくなり留守番がきちんとできるようになります。一人にするのはかわいそうとは思わないで、積極的に留守番を経験させることが大切です。甘えにも限度がありますのでそれを超えないように、自律させるのも大事です。

留守中に問題を起こす行動はいつもそばにいる飼い主が目の前からいなくなってしまった不安感で起きるものです。飼い主が必ず戻ってくると覚えさせれば1日位は留守番ができるようになります。

留守番のしつけの方法は、「少しずつ」「徐々に」がポイントになります。最初は短い時間ででかける素振りをしないで部屋から声をかけないで自然といなくなる、それに慣れてきたら徐々に時間を長くしていく、継続することで習慣化されていきます。自然といなくなると言うことは、テレビをつけたままにしておくことや扉を閉めないで開けたままにして出て行くことです。

そうすれば、犬は留守番が不安ではない、寂しくないと学習することができるようになります。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ