体を触られるしつけ

犬のしつけDVD対決

体を触られるしつけ

犬のしつけDVD対決 > その他のしつけ > 体を触られるしつけ

体を触られるしつけとは?

犬の中には触られるのを嫌がる犬もいて、触られると吠えたり噛んだりする犬もいますが、体に触られても抵抗しないようにするためには、しつけが大切です。

犬は耳、爪などを手入れしなければいけませんが、抵抗なくスムーズに手入れできるように、体のどこを触られても嫌がったり吠えたり噛んだりしないようなしつけを普段からしておく必要があります。また誰かに外でなでられても抵抗しないようにしつける必要もあるのです。

犬が触られても抵抗しないようにするしつけは、子犬のときが大事です。家族全員で実践していきましょう。

まずは、頭や胸を触って気持ちよくなる感じを覚えさせましょう。この部分を触ると犬は気持ちがよくなると思いますから、抵抗を減らしてあげるのです。そして犬の耳を触って耳の手入れもしやすいように仕向けましょう。足先は爪の手入れをする際に抵抗されないように指一本一本を優しく触っていきましょう。そして犬を寝かせてお腹をなでたりしてスキンシップをはかっていきます。

大人の犬になってから突然そんなことをしたら、びっくりしますし、触られなれしていないので大変ですが、小さいころから飼い主や家族が頻繁にスキンシップを取っていれば、抵抗したり触られることに嫌がるという行為を見せないと思いますから、小さいころから沢山犬を触ってスキンシップを取って、そしてしつけをしていくといいでしょう。

他人に危害を加える心配もなくなりますし、お手入れもスムーズに出来るようになります。

身体を触っても抵抗しないしつけ

しつけや病院での診察、トリミング等のお手入れの際など、人が犬の体の触る機会が多いものです。犬が体のどの部分を触っても抵抗して噛み付くことのないように、日頃から体に触られることに慣れさせるしつけをしておく必要があります。

犬は群れで生活するので・・・

・・・続きを読む

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ