体を触っても抵抗しないしつけ

犬のしつけDVD対決

体を触っても抵抗しないしつけ

犬のしつけDVD対決 > その他のしつけ > 体を触られるしつけ > 体を触っても抵抗しないしつけ

体を触っても抵抗しないしつけとは?

しつけや病院での診察、トリミング等のお手入れの際など、人が犬の体の触る機会が多いものです。犬が体のどの部分を触っても抵抗して噛み付くことのないように、日頃から体に触られることに慣れさせるしつけをしておく必要があります。

犬は群れで生活するので、自分より下位のものに体を触れられると嫌がるため、まずは飼い主やその家族との間の服従関係を確立しておくことが大切です。

始めは、犬が触れてもらって心地よい頭や胸などを撫でるところから、スタートさせましょう。更に顔の頬の辺りを優しく撫でて、耳掃除の際に抵抗されないように耳に手を伸ばし、耳の中も少しずつ触って慣れさせましょう。

後は、首のまわりも撫でられると犬は心地よく感じます。そして、犬を仰向けにひっくり返して、お腹や足の付け根をマッサージするような感じて触れていきます。

また、歯石が溜まりやすいので歯磨きをする機会も増えることから、口を開かせて歯茎や口の周りを触らせるトレーニングも少しずつ行いましょう。そして、お尻から尻尾にかけては犬が敏感に反応しますが、無理のないように少しずつ撫でてあげるようにしましょう。

ある程度飼い主が犬の体に触れることができるようになったら、今度は友人などにお願いして犬の体に触ってもらいましょう。始めは警戒するので、おやつをあげるなどして慣れさせるとよいでしょう。また、マスクをしたり帽子をかぶっている人を怖がるケースもあるので、飼い主が変装してふれあい徐々に慣れていくようにしましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ