犬はなぜ飛びつく

犬のしつけDVD対決

犬はなぜ飛びつくのか?

犬のしつけDVD対決 > その他のしつけ > 飛びつきのしつけ > 犬はなぜ飛びつくのか?

犬はなぜ飛びつくのか?

犬は飼い主へ愛情を示したり、自分が上位であることを相手にわからせるために、飛びつく場合があります。

大型犬になると、特に子供に飛びつくと怪我をさせてしまうことにもなりかねないので、きちんとしつけして止めさせる必要があります。まず気をつけたいのが、犬が飛びついてくると思わず両手を広げて抱きとめてしまうことです。手を広げて胸を開けるという動作は、飛びつくことを飼い主が喜んでいると犬が勘違いします。

飛びつきを受け入れていると、犬は悪いことをしているという意識がなくなり、止めるどころか何度でも思いっきり飛びついたり、誰それ構わず飛びつくようになってしまいます。そこで犬が飛びついてきた際は、腕を上げないで身体をさっとかわし、無関心を装い徹底的に無視することが大切です。

更に、後ろ足の太もも内側を軽く叩くか、手でパンと拍手したり声を出すなどして、大きな音を立てると犬がびっくりするので効果的です。

トレーニングの方法としては、犬が飛びつきを止めない場合、飼い主は何も言わないでその場を立ち去り姿を隠します。犬は急に飼い主がいなくなってびっくりするかもしれませんが、そのままおとなしくしていたら1分後に戻り、おすわりをさせます。

飼い主が飛びつきを許可していないということを、犬にわからせるために行いますが、もしそれでも止めなければ数回繰り返して様子を見ましょう。また、戻ってきた時に飛びつきをしなければ、思いっきりほめてあげることも大切です。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ