飛びつきグセを直す

犬のしつけDVD対決

飛びつきグセを直すしつけ

犬のしつけDVD対決 > その他のしつけ > 飛びつきのしつけ > 飛びつきグセを直すしつけ

飛びつきグセを直すしつけとは?

「嬉しくて飛びつくのだから、直す必要なんてあるの?」

と、犬の飛びグセが可愛くてたまらないと感じる飼い主の方も多いハズ。でも飛びグセを持ったまま犬が成長してしまうと大変です。

来客や近寄ってくる他人に対しても見境なく嬉しくて飛び掛ってしまったりしますから相手の服を汚してしまうこともあるでしょうし、場合によっては相手が驚いて転んでけがをしてしまうこともあるかも知れません。そうなる前に、飛びグセは直した方が良いでしょう。

飛びグセを直す方法はただ一つ。犬が興奮して喜んで飛びついても、飼い主はそれに対して喜ばないことを教えたらよいのです。

具体的にどうするのがいいのでしょうか?
一つのやり方として、

「飛びついてきたら完全無視」

をする方法があります。

飼い主の姿を見て嬉しくてたまらなくて飛びついたのに、飼い主は嬉しがるどころか完全無視を決め込んでいた・・・とくれば犬にとってもガッカリの結果になってしまいます。

犬の興奮が落ち着いてきたら、飼い主のほうから飛びきりの愛情でスキンシップしてあげましょう。賢い犬ですから、「良い子にして待っていれば遊んでもらえる」と思って飛ぶグセも改善されるはずです。

「叱ってはダメなの?」

犬のしつけで難しいのが、「無視」と「叱る」の使い分けです。犬が喜んで飛び掛って来た時に叱ってしまうと、「飼い主は僕のことが嫌いなんだ」と勘違いして犬にとっては大きなストレスになってしまうのでNGと考えられています。

あくまでも、叱るのは悪いことをしたときのみ、しつけで上手にできなかった時には無視を決め込むのが一番のようです。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ