唸りのしつけ

犬のしつけDVD対決

唸りのしつけ

犬のしつけDVD対決 > その他のしつけ > 唸りのしつけ

唸りのしつけ

犬がうーっと低い声で唸るのは、飼い主に対し反抗的な態度をとり、威嚇しているサインです。唸り癖は自分の行動を邪魔されたり、自分が相手より上位だと思い込んでいる時に起こります。

具体的には、自分のテリトリーだと思っている場所からどかされようとしている場合や、食事中に食器を動かそうとする際、また身体を触ったりおもちゃを取り上げる際にも唸るケースがあります。唸りは、飼い主をリーダーだと認めていないことが、主な原因です。飼い主が自分より上位だと認めなければ、他のしつけもうまくいかなくなるので、唸り癖は直す必要があります。

まず、犬が唸る状況を作りますが、攻撃的になると噛み付く場合もあるので、厚手の手袋をはめましょう。そして唸ったら大きな音を立てたり、布をかぶせて前を見えなくしたり、薄めた酢をスプレーするなど視覚、聴覚、嗅覚的に犬がびっくりしたり嫌がることやりましょう。

そうすると徐々に犬が唸ると嫌なことが起こる、唸ることはいけないことだと認識してきます。

何度か繰り返し、唸るのを止めたらごほうびのおやつを与えます。この唸ったら罰を与え、唸るのを止めたらすぐご褒美を与えるというトレーニングを繰り返せば、犬が何をやったらいけなくて、どうすればおやつがもらえるかを覚えてきます。

唸り癖が収まってきたら、手袋を外して素手で行いましょう。また、唸り癖がなくなったら、おやつを与える回数を減らしていきましょう。おやつの代わりのよくできたねと声かけをしたり、頭をなでて褒めるにとどめましょう。おやつがなくても、次第に唸る行為がいけないことだとわかり、やらなくなります。

焦って長時間繰り返すと犬も集中力がなくなって飽きたり、更に攻撃的になる場合もあるので、1日数分ずつ根気よく行うようにしましょう。

犬が唸るのはしつけ次第

犬に何かをしようとすると唸ることがあります。身体を触ろうとしたり、おもちゃを触ったりちょっとしたことで唸る犬がいます。どうしてそのように、唸ってしまうのでしょう。

原因としては・・・

・・・続きを読む

しつけ中に犬が唸ったら?

しつけをしていると犬が唸ったり、噛み付いたりすることがあるかもしれません。そんなことをされてしまったら飼い主も、家族もびっくりしますよね。ですが犬のしつけのためには・・・

・・・続きを読む

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ