甘噛みの矯正法

犬のしつけDVD対決

甘噛みの矯正法

犬のしつけDVD対決 > 噛みつきのしつけ > 甘噛みのしつけ > 甘噛みの矯正法

甘噛みの具体的な矯正法とは?

犬が甘噛みをすることをやめさせることができます。

甘噛みをする原因は、歯が生えてきて歯茎が痒いと感じていることもありますし、しつけが甘く、噛み癖が付いている場合もあります。小さいうちに甘噛みをするような場合には、ガムを用意して与えるようにしましょう。歯茎が痒いのを紛らわすことができるでしょう。

成犬になってからの噛み癖の場合には厄介です。人に噛みついてしまう可能性もありますから、噛むことは悪いことだということを教える必要があります。では、どうやってダメなことだと教えると良いのでしょう。犬が噛むことを始めたら、大きな声でダメと注意するようにしましょう。声以外でも大きな音が出るようなものや、犬が嫌がるような音でもOKです。噛むと飼い主が怒るということを知らせます。

怒るタイミングは、噛んだ瞬間がポイントです。後でしかっても何をしかられているのか犬には理解をすることができません。音を出してしかるのも、連続して行うのは間違いです。まんねりしてしまって、音に慣れてしまい、噛むことを逆に強くすることもあります。

犬の本能にスイッチが入ってしまうと襲われてしまうこともあります。犬は凶暴な動物ではありません。きちんとルールを教えてあげることで飼い主が一番だと思ってくれるものです。

噛むことをやめないような場合には、犬の身体に異常があることもありますから、動物病院に連れて行ってあげましょう。原因を知ることも大切なことです。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ