噛みつきのしつけ

犬のしつけDVD対決

噛みつきのしつけ

犬のしつけDVD対決 > 噛みつきのしつけ

噛みつきのしつけ

犬のしつけの中でも、出来ていないと特に大問題になってしまうのが「噛む」ことです。かわいがっていた犬が他人を噛んでしまったため、泣く泣く安楽死させなければならなくなった、という悲劇を生んでしまうことも少なくありません。

「噛む」ことに対する犬のしつけは、特に子犬時代の対処が大切です。子犬はよく「甘噛み」をしますが、痛いほどの甘噛みを「子犬がじゃれているだけだし、問題ない」としつけもせずに放っておくと、どんどんエスカレートしてしまう可能性があります。

ごくごく軽い甘噛みだけなら問題ありませんが、少しでも「痛い」と感じる甘噛みをされたら、指を引っ込めずに逆に口の中に入れ、奥歯の横の歯ぐきを触るようにしてみましょう。これをやると犬はとても嫌がります。強い甘噛みをするたびに、この対処を繰り返しやることで「強く噛むと嫌なことをされる」と、覚えこませましょう。

子犬の時からスキンシップに慣れさせることも、噛みグセをつけないためのしつけの重要ポイントとなります。

犬と遊びながら体のあちこちを触り「人に触られるのは怖くない」ということを覚えこませましょう。すでに、「体を触ろうとすると噛み付きそうになる」という状態になってしまっている犬のしつけには、短いリードを使います。もし犬が噛もうとしても、リードに邪魔されて噛むことができないようにするため、リードの先端をテーブルの足などに短く結びましょう。

軽いおやつを与えながら頭を優しくなでて、その後全身を触っていきましょう。

犬が噛みつく理由

「噛む」といってもおそらく大半は「甘噛み」だと思います。嬉しくて甘噛みをし、興奮しては甘噛みをする、などが多いのではないでしょうか。甘噛み以外にも・・・

・・・続きを読む

噛み付きのしつけ

子犬のころの甘噛みとは違って、噛み付きはもしかすると誰かを傷つけることになるかもしれませんし、トラブルになるかもしれませんからとても注意が必要です。しつけをして、しっかり・・・

・・・続きを読む

甘噛みのしつけ

子犬のしつけの一つに甘噛みを対処するということがあります。特に子犬の時期で歯が生えてくるときには歯茎がかゆく感じます。人間の赤ちゃんでも・・・

・・・続きを読む

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ