犬が噛みつく理由

犬のしつけDVD対決

犬が噛みつく理由

犬のしつけDVD対決 > 噛みつきのしつけ > 犬が噛みつく理由

犬が噛みつく理由

「噛む」といってもおそらく大半は「甘噛み」だと思います。嬉しくて甘噛みをし、興奮しては甘噛みをする、などが多いのではないでしょうか。甘噛み以外にも、犬にとっては「噛む」ということはとても多く、食べ物を食べるためにもかみますし、敵を攻撃する時にも噛むという行動をします。

犬の「噛む」にもいろいろな理由をあげてみると、甘えているつもりで甘噛みをする・ケンカなどで噛む・ストレスで噛んでしまう・歯が生え変わる・食べるために噛む・確認するために噛むなど、いろいろな理由によって犬は噛みます。

しかし、日常生活の「食事のために噛む」などという理由以外はどんな理由でも、人間社会の中で「噛む」という事はその犬を守るためにもやめさせなければいけません。もし万が一、他人を誤って噛んでしまったとしたら、あなたの大切な愛犬もあなたと一緒に生活する事が出来なくなってしまうのです。

犬が「噛む」対象もいろいろあります。飼い主の手を嬉しくて甘噛みしたり、ストレスや寂しさから電気コードや家具、壁や柱などを噛んでしまうこともあります。高い家具などをかまれたら、それまでの愛犬に対する愛も半減してしまいそうですし、電気コードなどの電気類をかんだら感電してしまう危険もあります。すぐにやめさせなければいけません。

犬がストレスで「噛む」場合には、飼い主の気を引きたくて何かを噛むことも多いようです。

留守番がちな家庭や、犬が一人で過ごす時間が長い家庭、あまり構ってもらえないことが続いたりすると、犬にとっては「飼い主に自分のことを見て欲しい、話しかけて欲しい」という気持ちになってしまうようです。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ