噛み付きのしつけ

犬のしつけDVD対決

噛み付きのしつけ

犬のしつけDVD対決 > 噛みつきのしつけ > 噛み付きのしつけ

噛み付きのしつけ

子犬のころの甘噛みとは違って、噛み付きはもしかすると誰かを傷つけることになるかもしれませんし、トラブルになるかもしれませんからとても注意が必要です。しつけをして、しっかりと噛み付くという行為自体を防いでいきましょう。

噛み付きについてですが、噛むことがもしかすると癖になっているのではないでしょうか。なぜそうなったのか、その原因は犬によっても違っていると思いますが、もしかすると子犬のときにしつけを受けていないから大人になってから噛み付きが激しいのかもしれません。

犬が甘噛みをしたときにはダメと号令を出しながら、犬がいやがる音を立てたり、耳に息をかけて甘噛みをやめさせるしつけの方法がありますが、これは甘噛みをすれば飼い主が怒るという認識、自分が嫌だと思うことをされるという認識をさせるためです。こうした学習をさせれば、甘噛みをしなくてもよくなります。

しかしこのしつけ、過剰に刺激をさせると本気で噛み付いたりすることになります。甘噛みをしなくなったらその都度褒めてあげることが大切であり、それ以上は過剰にしないことが大切です。

犬は飼い主が喜んだり、褒めてくれることが好きです。褒めればもっと褒めてもらいたい、喜べばもっと喜んでもらいたいと思います。

ですか、噛み付きをしつけてもやめないこともあります。その原因をまずは探ってあげましょう。もしかすると、体調が悪くてやっているのかもしれませんから注意してみてあげましょう。

犬が噛む場合のしつけ

犬が育っていくと、歯が生えてきます。歯が生えてくると人間と同じで歯茎がかゆくなります。すると、甘噛みをしてしまいます。部屋にあるいろいろなものを噛んでしまうこともありますから・・・

・・・続きを読む

かじることへのしつけ

犬を飼っている人なら経験があるかもしれませんが、犬は何でもかじってしまいます。かじる行為そのものが犬は大好きなので、かじるということはなかなか理解させてしつけるのに時間がかかります。

かじってもいいのはおもちゃだけであって・・・

・・・続きを読む

犬の噛みを止める

犬のしつけで噛むことをやめない犬がいます。小さいうちからしつけをしておけば噛むことはいけないことだと認識するのですが、甘やかして育てた場合には噛むことの加減を知りません。いくら噛んでも・・・

・・・続きを読む

犬の噛みグセを直すしつけ

犬の噛みグセを直すためには、まず犬がなぜ噛むのか原因を突き止めるようにすると良いでしょう。

例えば生後3ヶ月〜6ヶ月ぐらいになると・・・

・・・続きを読む

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ