犬の噛みグセを直すしつけ

犬のしつけDVD対決

犬の噛みグセを直すしつけ

犬のしつけDVD対決 > 噛みつきのしつけ > 噛み付きのしつけ > 犬の噛みグセを直すしつけ

犬の噛みグセを直すしつけにはどうする?

犬の噛みグセを直すためには、まず犬がなぜ噛むのか原因を突き止めるようにすると良いでしょう。

例えば生後3ヶ月〜6ヶ月ぐらいになると、犬は乳歯から永久歯へと生え変わる時期になるので、どうしても硬いものを噛みたがる犬が多くなります。

歯が生え変わる時に歯茎がかゆかったりするのも原因のようですね。その場合には、噛んでもよいものを与えたりして、「噛んでもよいもの」「噛んではいけないもの」の区別をつけるようにすると良いでしょう。

お留守番が多かったり、一人で過ごす時間が多いと、ストレスがたまってそれが噛みグセにつながることもあります。その場合には、ストレスを解消できるように飼い主も時間と努力が必要になります。

例えば、一緒に過ごす時間には積極的にスキンシップを取るとか、お散歩に出かけて運動をさせるとか、近くにドッグランがあるならドッグランで自由に走らせてあげるのも良いでしょう。

犬の噛む力って人間が想像する以上に強いものですし、犬は興奮すると噛む力も加減することが出来なくなってしまいます。子犬の頃には噛まれてもそれほどの痛みではなくても、成犬になると噛まれると痛いですし、大型犬の成犬に噛まれたのでは大怪我にもつながってしまいます。

そのため、どんな理由であろうと人に噛み付いたりする場合には、鼻先をビシッと叩いたり、ゲンコツを犬の口の中に突っ込んだりしながら「NO!」「ダメ!」など、いけないということを教えるようにしましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ