犬が噛む

犬のしつけDVD対決

犬が噛む場合のしつけ

犬のしつけDVD対決 > 噛みつきのしつけ > 噛み付きのしつけ > 犬が噛む場合のしつけ

犬が噛む場合のしつけはどうする?

犬が育っていくと、歯が生えてきます。歯が生えてくると人間と同じで歯茎がかゆくなります。すると、甘噛みをしてしまいます。部屋にあるいろいろなものを噛んでしまうこともありますから、甘噛みが始まったら、犬専用のガムを与えてみましょう。ガムを噛むことで、犬のストレスも発散されていきます。

いかに犬がストレスを感じずに生活をしていけるかが、甘噛みをなくすポイントにもなってきます。犬が大きくなっても噛むことをやめない犬もいます。人間が近づいただけで噛むことがあります。

これは子犬でも大人の犬でも同じことですが、噛んだらすぐに「痛い!」ということを言葉に出して言うようにしましょう。何度も痛いという言葉を聞いて、人間に噛みついても良いことはないのだということを理解していきます。

子犬であれば噛む力はとても弱いものですから我慢もできますが、大きくなってしまった犬の場合には、噛むことは問題です。気軽に散歩をすることもできなければ、お友達に犬を紹介することさえもできなくなってしまいます。

それだけにしつけというものは大事なことになってきます。人間と犬との関係を築いていくことで、快適な時間を過ごすことができるようになります。お互いに根気よく、これは良いことなのか、悪いことなのかを言葉をかけることで学習させるようにしましょう。

可愛い愛犬ですから、できれば怒ることなくなでなでしていたいものですが、褒めることと、叱ることの差があることでちゃんとしたしつけに結びつきます。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ