チワワのしつけ

犬のしつけDVD対決

チワワのしつけ

犬のしつけDVD対決 > 犬種別のしつけ > チワワのしつけ

チワワのしつけはどうする?

チワワをしつけする際のポイントについてここでは見ていきましょう。

チワワは小型犬なのに、とても大胆な性格で、とても気が強いことも特徴として挙げられます。無駄吠えもとても多いのが特徴ですから、無駄吠えのしつけにはてこずる飼い主も多いのではないでしょうか。体が小さいので、とてもいたずらをするというわけではなく、いたずらの程度も小さいですが、いたずら好きな性格でもあります。

チワワを飼う際には、長時間の散歩は必要ありませんし、それほど世話をしなくてもいいので、あまり世話をしてやれない飼い主にぴったりの犬です。家の中では激しいので、しつけは意外と大変です。

飼い主だけが頼りであると認識させれば、警戒心による無駄吠えも減っていくと思いますが、とにかくチワワは無駄吠えが多くそれは警戒心が強いからなのです。しっかり支えてあげて、守ってあげれば、その警戒心もそれほど強くは出ないでしょう。可愛がってあげて助けてあげると飼い主への気持ちや思いもアップします。まずは飼い主がリーダーであることをチワワにわかってもらいながらしつけをする事が大切です。

チワワをしつけるときに、間違っても頭頂部をたたいてはいけません。しつけをする際に、どんな種類の犬に対してもそうなのですが、たたいたりしてはいけません。

しかしチワワは特に頭頂部の骨が完全に結合していないので、大きな衝撃を与えると将来に響きます。その点をよく理解した上でチワワのしつけをするようにしましょう。

チワワは留守番が得意

チワワは、体がとても小さくぴんと立った耳と、くりっとしたまん丸な大きな目が魅力のとても愛くるしい犬種です。

世界一体が小さく「トイドッグ」とも呼ばれていますが、運動量が豊富でよく動き回り、家でなかなかおとなしくしていられません。しかし、家の中で動きまわる分外に散歩で連れ出す時間も少なくて済みます。

更に、留守番のしつけも比較的しやすいので、留守にしがちな家庭や一人暮らしの人に最適な犬種だと言えます。また、とても臆病で警戒心も強いので、来訪者に対し無駄吠えや飛びつきは多いですが、声も小さいのでさほど迷惑にはなりません。しかし、マンションなどの集合住宅で飼う場合はトラブルになりやすいので、無駄吠えはきちんとしつけしておいたほうがよいでしょう。

また、飼い主にはとても忠実なので、愛情を注げばそれに答えてくれる反面、他の人にはなかなか懐きにくいという面もあります。飼い主が自分を守ってくれる、安心できる存在であることをわからせるために、まずは飼い主をリーダーだと認めさせることから始めましょう。飼い主をリーダーだと認識すれば、元々忠実なのでしつけもしやすくなります。

また、チワワの頭頂部はとても柔らかく、衝撃を与えると大きなダメージを負ってしまうので、頭への衝撃には特に気をつけましょう。更に、寒さにはとても弱い犬種なので部屋の温度管理には気をつけ、運動量があっても体が小さいので太りやすいため、食事の内容や量にも注意しましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ