フレンチブルドッグのしつけ

犬のしつけDVD対決

フレンチブルドッグのしつけ

犬のしつけDVD対決 > 犬種別のしつけ > フレンチブルドッグのしつけ

フレンチブルドッグのしつけはどうする?

フレンチブルドッグはとても人気のある犬の種類でもあります。とても愛嬌のある顔をしていますから、人気があるのかもしれませんね。ブルドッグと比べられることも多いですが、性格を見てみると、ブルドッグよりも明るい性格で、とても活発な一面もあります。

体の大きさもブルドッグに比べると一回りくらい小さいですね。家が狭くて、ブルドッグを飼いたいけど断念していた人にとっては、フレンチブルドッグがおすすめです。フレンチブルドッグの性格はとても甘えたがりです。そしてやきもち焼きな性格でもありますから注意が必要です。

しつけをする上で、飼い主が他の人や動物を可愛がっていると嫉妬してしまいます。

ですから、多頭飼いには適していませんし、同居しないほうがいいでしょう。しつけは勿論のこと、注意しなければいけないこととしては食事の管理です。欲しがるかもしれませんが適量を与えるようにしましょう。

朝晩2回の散歩もしっかりとさせてやりましょう。鼻が短いのでとてもばてやすい特徴があり、気温が高ければすぐに息が上がってしまうこともあるので、ちょっとしたことで体調不良になることもありますから、気をつけてあげましょう。

しつけはそれほど大変ということはありませんが、甘えたがりのやきもち焼きという性格から、間違ったしつけをすると後々言うことを聞かなくなってしまいますので、飼い主はリーダーであると、しっかりと認識させておく必要があるのです。

フレンチブルドッグは好奇心が旺盛で食いしん坊

フレンチブルドックは、潰れて上を向いた鼻と左右対称の深く刻まれたシワ、受け口とまん丸なつぶらな瞳が特徴の愛嬌のある顔が人気の犬種です。ブルドックよりも体が一回り小さく、とても明るく活発な性格をしています。

人間の会話を理解できる位とても頭が良く、また飼い主には従順なので、飼い主をリーダーだと認めればいうことを聞きます。しかし少々頑固な一面もあるため、機嫌を損ねると大変であり、しつけを定着させるまでには少し時間がかかります。飼い主への服従心を芽生えさせるためには、しつけは少しずつ根気よく行うことが大切です。

口が受け口であり、吠えづらい骨格をしており声も低いので、他の犬種と比べると無駄吠えが少ないため、マンションなどでも飼いやすいといえます。

ただ、とても甘えん坊で寂しがりやなため、飼い主が別のペットを可愛がっているとやきもちを焼いてすねたり、攻撃的になることもあるため、他のペットとの同居にはあまり適さないでしょう。

また、フレンチブルドックは好奇心が旺盛で食いしん坊なため、散歩の途中で拾い食いをしたり、部屋の中に落ちているものを口に入れて誤飲する危険性があるため、拾い食いのしつけをしっかり行っておく必要があります。体が小さいのに食欲が旺盛で太りやすいため、食事の管理と朝晩2回の散歩はきちんと行う必要があります。

更に、鼻が短いので暑さには弱く、すぐに脱水症状を起こしてしまうので水分補給や温度管理には気をつけましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ