無駄吠えのしつけ その2

犬のしつけDVD対決

無駄吠えのしつけ その2

犬のしつけDVD対決 > 無駄吠えのしつけ > 無駄吠えをしつける > 無駄吠えのしつけ その2

無駄吠えのしつけ その2

無駄吠え・要求吠えが多い犬に対して、周りの人は「あの犬はしつけがなっていない」と感じますよね。むやみに吠えさせないこと、これは犬のしつけの中でも基本中の基本といえます。

犬のムダ吠え・要求吠えに対しては、以下のようなしつけをしてみましょう。まず、人やドアチャイムなどに対するムダ吠えに対するしつけ。これは、警戒して吠えた時だけでなく、たとえ喜びによる吠えであっても、その場できちんとしからなければいけません。

「ダメ」あるいは「いけない」と声をかけるのが基本ですが、単に声をかけるだけでは、吠えグセはなかなか治りません。言葉だけでなく、態度でも「あなた(犬)が吠えたから私は怒っているんだ」ということを知らせるようにすることが大切です。ムダ吠えがあった時にはしっかりと犬の目を見て、厳しい態度をとることを繰り返しましょう。

次に、食餌待ち・散歩待ち・遊んでほしい時などの要求吠えに対するしつけ。「クーンクーン」と、犬がかわいく要求吠えをしている段階では、さほど問題に感じず「ハイハイちょっと待ってね」などといちいち構っている人も多いでしょう。

しかしこうした対応を続けていると、だんだん要求吠えがエスカレートして、最後にはうるさく吠えるようになってしまいます。

こういう要求吠えに対する犬のしつけのポイントは、「鳴いても要望どおりにはいかない」ということを覚えさせること。要求吠えをされるから犬のペースに合わせるのではなく、要求吠えをしてもムダ、あくまで犬が人間のペースに合わせなければいけない、という習慣をつけていくことが大切です。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ