ふせのしつけ

犬のしつけDVD対決

ふせのしつけ

犬のしつけDVD対決 > お手・おすわり・待て・ふせのしつけ > ふせのしつけ

ふせのしつけ

犬のしつけの中に「ふせ」があります。おすわりをした後にふせと号令をかけると、犬は地面に身体を付けてふせる形になります。ふせを覚えさせておけば、室内で犬をおとなしくさせておくことができます。

ふせは、教えないと犬は行動に移してくれません。まずは、エサを利用してふせができるように教えてみましょう。おすわりの状態から、前足を手前にひき、ふせの形を作ります。上手にふせができるようであればご褒美としてエサをあげます。時々、うちの犬はおてもできないと言う人がいますが、それは犬との関係が上手くいっていなからです。

人間の命令は絶対です。この上下関係をしっかり構築しなければ、いくら指示を出しても言うこと聞いてくれないでしょう。犬の立場が、人間よりも上になってしまってはいけないのです。

自分がリーダーだと思っている犬には、どのようなことを教えても無駄です。基本となる服従を教え込むようにしましょう。

お手、ふせ、待てができない犬でも良いというような飼い主はいないはずです。できることなら、自分の言うことを素直に聞いてくれる犬が一番だと思っているでしょう。犬を飼っていれば情も湧きます。叱ったら可愛そうだと思うこともあるでしょう。

甘やかすことは悪いことではありませんが、後々、自分が苦労してしまうことになりますから、小さいうちから基本となるしつけを教え込むようにしましょう。人間との関係が上手に理解できれば、ふせも簡単に覚えてしまいます。

犬にふせのしつけが必要な理由

ふせは犬を無防備な体勢にし、服従させるためのしつけです。またいきなりふせからしつけを始めると、犬がおすわりや待てなどのしつけと混乱し、号令を勘違いしてして覚えてしまうので、おすわりなどのしつけが身についてから始めるようにしましょう。

自分が地面に伏せる形になるので・・・

・・・続きを読む

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ