お手・おすわり・待て・ふせ

犬のしつけDVD対決

お手・おすわり・待て・ふせのしつけ

犬のしつけDVD対決 > お手・おすわり・待て・ふせのしつけ

お手・おすわり・待て・ふせはしつけの基本

犬の基本的なしつけの「お手」「おすわり」と「待て」「ふせ」をこれから具体的に紹介しますが、これらは散歩に出る際には必ず必要なしつけです。犬が道路に飛び出してしまわないようにしたり、すれ違う人に飛びつかないようにするためには、特に必要となるしつけですから、必ず身につけさせるようにしましょう。

まずはおすわりからですが、右手にリードを持って左手にご褒美を持った状態で犬に向かい合います。そして手の中のエサを犬に見せてあげてください。犬の頭にその手を近づければ自然に座る姿勢になるでしょう。

そして座りかかったら「おすわり」といってその姿勢がお座りであると認識させましょう。そしてちゃんと座ることが出来たら褒めてあげることが大切で、手に持っていたご褒美を与えましょう。何度も繰り返してしつけをしていれば、「おすわり」といえばちゃんと座ってくれるようになりますよ。

次に「待て」ですが、犬を座らせた状態で、その姿勢のまま待たせて飼い主が少し後ろにさがります。動こうとすると思いますが、その前にご褒美をあげます。これを繰り返すとじっと座っていればご褒美がもらえると思いますから、待ての号令でしっかりと待つことができるようになるでしょう。

よく似たしつけに、「お手」「おかわり」を先に覚えさせる飼い主も多いですが、実は「待て」と「おすわり」から覚えさせるほうが先ですから優先してしつけをしていくようにしましょう。可愛いのでついついお手をさせたくなりますが優先順位に注意しましょう。

お手のしつけ

犬のしつけをする際に、最も大切なのは犬と飼い主との信頼関係です。犬が飼い主に全面的に信頼感を寄せ、リーダーとしてうやまっていれば苦労せずにしつけをすることができます。

犬の信頼感を得るには・・・

・・・続きを読む

おすわりのしつけ

犬を飼って、まず最初に教えるのは「おすわり」でしょう。毎日のご飯をあげる際に教え込むことができます。

ご飯をあげる場合に、そのままあげてしまうのではなく・・・

・・・続きを読む

待てのしつけ

犬は本能的に、自分の欲求をなかなか抑えることができないので、犬の勝手な静止させるためにも、待てのしつけをしておくことが大切です。待てのしつけは犬の集中力を使うので、犬が嫌がらないように・・・

・・・続きを読む

ふせのしつけ

犬のしつけの中に「ふせ」があります。おすわりをした後にふせと号令をかけると、犬は地面に身体を付けてふせる形になります。ふせを覚えさせておけば、室内で犬をおとなしくさせておくことができます。

ふせは、教えないと犬は行動に移してくれません。まずは・・・

・・・続きを読む

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ