おすわりのしつけ

犬のしつけDVD対決

おすわりのしつけ

犬のしつけDVD対決 > お手・おすわり・待て・ふせのしつけ > おすわりのしつけ

おすわりのしつけ

犬を飼って、まず最初に教えるのは「おすわり」でしょう。毎日のご飯をあげる際に教え込むことができます。

ご飯をあげる場合に、そのままあげてしまうのではなく、おすわりと言いながらお尻を下げてあげます。ちゃんと座ることができればエサをあげるようにします。この繰り返しでおすわりをすればエサをもらえると覚えてしまいます。犬はアクションでも人間が何を指示しているのかがわかります。

声掛けでおすわりができるようになったら、手の動きを加えておすわりをさせてみましょう。しつけを甘く見ているとおすわりもせずにご飯を食べてしまったり、トイレでない場所で排泄をしてしまったり、飼い主を噛んでしまったりすることもあります。わがままに育てるのではなくけじめのある育て方が犬にも必要になってきます。

とても可愛い愛犬ですから厳しく育てるには抵抗を感じてしまうかもしれませんが、厳しいのは暴力とは違います。言葉でも十分に犬に感情を伝えることはできます。これから長い時間の中で一緒に生活していくパートナーですから、しつけを忘れないようにしたいものです。

外に出た場合にもしつけの行き届いていない犬はマナーが悪いと感じるものです。誰にでも好かれる愛犬に育てるためにも、厳しくする部分と、優しくする部分のめりはりをつけるようにしましょう。

お互いの距離が上手く保たれてくると、なくてはならない存在に変わってくるものです。賢い愛犬になるようにしつけをしましょう。

犬のしつけの基本はおすわり

犬のしつけの基本となるのが、犬を命令で座らせるおすわりです。おすわりができれば、犬の勝手な行動も制止させれるので事故防止にもなります。おすわりはしつけは、食事やおやつなどのご褒美を使うとやりやすいでしょう。

まず、犬にリードを付けて犬と向かい合い・・・

・・・続きを読む

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ