サークルに入るしつけ

犬のしつけDVD対決

サークルに入るしつけ

犬のしつけDVD対決 > 参考情報 > 犬のしつけグッズ > サークルに入るしつけ

サークルに入るしつけとは?

犬を飼い始めてしばらくしてからサークルに入れるしつけを始める場合には、少し根気が必要になります。それまでは自由に部屋の中で飼っていたペットも、あなたが外出するたびに家具をかじったりイタズラや粗相をするのでは、飼い主にとって外出する事がストレスになってしまいますよね。そんな時にあると便利なのがサークルです。

サークルを組み立てて最初に犬をそこに入れると、必ずと言っていいほど鼻を鳴らして寂しそうに鳴いたり、場合によっては一日中鳴き続けている場合もあったりするようです。サークルに入るしつけをする時に大切なのは、「サークル内は苦痛を味わう場所ではない、楽しい場所なのだ」ということを教える事です。

サークルにいれておく時間も最初は短めに、家族が部屋にいる時に入れたりしながら、少しずつ時間を長くしていくと良いでしょう。サークルの中で犬が退屈してしまわないようにオモチャなども入れてあげるとよいかもしれませんね。

ちょっと変わったしつけの方法ですが、あっという間にサークルが犬にとって大のお気に入りの場所になってしまったという方法をご紹介しましょう。

我が家に初めてサークルがきたとき、もちろん犬はとっても嫌がりました。しかし、我が家の小さな子供が犬を抱きかかえてサークル内に一緒に入ってサークル内でしばらく一緒に遊んだのです。すると、犬にとってはサークル内はとても楽しい場所と刷り込まれたのでしょう、サークルの中でクンクンと鼻を鳴らすことは一度もありませんでした。

この方法が良いのか悪いのかは分かりませんが、バツグンの効果はありましたよ。

サークルは持っていますか?

子犬を自宅に迎える時や、小型犬を室内で飼う場合にとても便利なサークルは、これから犬を飼おうと考えている方にぜひおススメのアイテムです。

サークルと言っても部屋の広さやスタイルにあわせていろいろな形や大きさのものがそろっています。トイレトレーニングがしやすいように中に間仕切りをつけることができるタイプなどもありますし、天井部分がついていないので閉鎖感もほとんどありません。

サークルというと「なんとなく檻みたいできらい」と毛嫌いする方も多いのですが、人間から見たらサークルは「檻」でも、犬にとってはサークルの中は「自分だけのテリトリー」「最も安心する事ができる生活空間」として認識します。

そのため、サークルを上手に利用して犬にとっても快適な空間になれば、あなたが外出する時や就寝時に犬を自分の部屋(=サークル)にいれても、それがストレスになることもなくなります。

サークルに入れるしつけは、犬を自宅に迎えたらすぐに始めることが何よりも大切です。それまで部屋の中を自由に歩き回っていた犬が突然サークルの中に閉じ込められたら誰だってストレスになりますし、吠えたり反抗したりして嫌がることもありそうですよね。でも、自宅に迎えたときからサークルの中に入れるしつけをすれば、全く抵抗なくサークルを生活の一部とする事が出来ます。

犬を飼おうかなと考えたら、犬が我が家にやってくる前にサークルを自宅内に設置する事が理想的です。犬の生活空間を確保してから犬を迎え入れる事で、犬にとってはスンナリと新しい環境へ順応できるようです。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ