予防接種

犬のしつけDVD対決

予防接種について

犬のしつけDVD対決 > 参考情報 > 予防接種について

予防接種について

しつけとは少し違っていますが予防接種は必ず受けさせましょう。

人間は予防接種を一回受ければそれで一生その病気に対しての免疫を作ることが出来るのですが、犬は一度の接種では免疫が付きませんから何度も定期的に受ける必要があります。1年間くらいしか効果がないのでその都度予防接種を受けるようにしましょう。

ペットが伝染病にかからないために飼い主の責任として、義務として予防接種は受けることが大切です。例えば、どんな伝染病があるのかというと、犬ジステンパー、伝染性肝炎、犬パルボウイルス感染、パラインフルエンザ感染、レプトスピラ病、狂犬病があります。生まれてから6週間から8週間くらいに一度受けて、更にその1ヵ月後くらいに2回目を打つことになります。

それからは1年に1回くらいのペースになりますが、必ず予防接種を受けるようにしましょう。特に初乳を飲んでいない子犬の場合には母親からの免疫をもらっていないので、感染することがありますから、早めに予防接種をしなければいけません。

どれくらいで予防接種の効果があらわれてくるのかというと、だいたい免疫の効果は1〜2週間後となっています。

ですから、それまでは出来れば散歩なども控えて、知らない犬とは接触しないようにして、伝染病にかからないようにしなければいけませんし、栄養バランスの良い食事と、ストレスのない生活が出来るようにしてあげる必要もあります。

しつけも大事ですが、犬の健康を考えることも義務であり責任ですから、しっかりと予防接種を受けるようにしましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ