散歩にもしつけが必要

犬のしつけDVD対決

散歩にもしつけが必要

犬のしつけDVD対決 > 散歩のしつけ > 散歩に行こう > 散歩にもしつけが必要

散歩にもしつけが必要です!

愛犬と散歩に出かけることになった場合に、しつけをしっかりとしておかなければいけません。

小さいうちから散歩に連れ出すことはできません。生後4か月を過ぎたあたりから散歩に連れていくようにしましょう。とても小さいうちから散歩に連れ出してしまうと、病気になってしまう可能性があるからです。ワクチンがよく効いた時期を見計らって散歩に出かけるようにしましょう。

散歩に必要になってくるのが、首輪とリードです。首輪を初めて付ける犬は、もちろんのこと嫌がります。リードで行動を抑えられるのも嫌なものです。散歩が嫌いな犬になってしまわないように、まずは首輪に慣れることから始めましょう。首輪は緩めに付けてあげてください。首輪をしていることに違和感を感じなくなったら、犬のサイズにあわせて調整します。

リードを使用する場合には、まずは部屋の中で遊び感覚で使用してみるようにしましょう。犬にも感情がありますから、怖いと感じてしまうものには警戒をします。今まで見たこともないものに、恐怖を感じることもあります。それが首輪やリードであると、散歩にでかけることができなくなってしまいます。

お互いに、楽しく散歩をすることができるように、慣れることから初めてみましょう。無理やりに教え込むのではなく、あくまでも自然に慣れるようにすることです。散歩が好きな犬になってくれる最初の一歩になることでしょう。

何をしていても、犬ができるようになったら褒めることを忘れないでください。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ