散歩のしつけと注意点

犬のしつけDVD対決

散歩のしつけと注意点

犬のしつけDVD対決 > 散歩のしつけ > 散歩のしつけについて > 散歩のしつけと注意点

散歩のしつけをする上での注意点とは?

犬の散歩の場合には、他人の犬にケガをさせないことも必要です。犬が暴走してしまわないようにしつけをするようにしましょう。

犬の散歩に必要になってくるしつけには、まて、おすわりを覚えることです。そして、飼い主よりも先を歩かないということです。

人間よりも先を歩いているような場合には、人間を下に見ている証拠です。飼い主がご主人様だということをわからせないといけないので、リードで上手に距離を計って散歩をするようにしましょう。人間よりも前に出ないようにして散歩をさせるのには、犬の安全を守るということもあります。

突然、走り出して車の事故にあってしまう可能性もあります。犬が小さいからといって子供だけで散歩に行くのも危険です。もしもの時の対応ができずに事故に繋がってしまうこともあります。

子供と散歩にいく場合には大人が付き添うようにしましょう。暑い夏の日の散歩も注意が必要です。犬は靴を履いていませんから、熱い地面からの熱を直接、受けることになります。熱中症になってしまうこともありますから、夏の散歩は朝や夕方に行うようにしましょう。

散歩中に排泄をした場合には、飼い主がきちんと処理をするようにします。そのままにして、その場を去ってしまうのはマナー違反です。共用の場所では、他人に迷惑を掛けてしまうことになりますから、犬用のごみ袋を持ち歩くようにしましょう。

自由に走り回れるようなドッグランでは、犬のストレスを発散できる最高の散歩の場所になるでしょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ