引っ張りグセを直す

犬のしつけDVD対決

引っ張りグセを直す

犬のしつけDVD対決 > 散歩のしつけ > 散歩のしつけについて > 引っ張りグセを直す

引っ張りグセを直す

犬にとって散歩は大きな楽しみ。だからこそ「犬の行きたいところに行かせよう」と、犬にしつけをすることもなく、引っ張りグセをそのままにしている人も多いでしょう。

しかし引っ張りグセは、散歩中さまざまなトラブルを起こす原因となります。引っ張りグセのある犬は急な飛び出しをすることも多く、事故のリスクも高まってしまいます。犬の身を守るためにも、引っ張りグセをなくすようにしっかりとしつけておきたいものです。

犬の引っ張りグセをなくすためのしつけのコツは、なんといっても「犬が飼い主のほうをよく見るように仕向ける」ことが大切です。引っ張りグセのない犬の様子を観察していると、時々飼い主の方に目を向けるなど、人の動きをきちんと見ていることがよく分かります。

犬が飼い主をしっかりと見るようになるためのしつけのコツは、まずは「散歩をリードするのは飼い主」と認識させることです。首輪やリードをつける時、そして玄関や門から出る時などは、必ず飼い主が前方の位置にいるようにします。そして散歩の際は飼い主が犬の横に並んで、犬としっかりアイコンタクトをとりながら歩きましょう。

犬がリードを引っ張ったらすぐ立ち止まり、犬がこちらを見るのを待ちます。犬と目が合ったら、ニッコリ笑って、引っ張った方向とは逆の方向に進むのが大きなポイントです。

犬が引っ張った方向に飼い主がついていくと、引っ張りグセがいつまでたってもおさまりませんので、やらないように気をつけて下さいね。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ