英語でしつけ

犬のしつけDVD対決

英語でしつける

犬のしつけDVD対決 > 犬のしつけについて > 英語でしつける

犬のしつけは英語でしよう!

犬のしつけをする際には人間が指示を出します。この際の指示を英語で行うようにすると、犬が日本語と英語の発音の違いで聞き取りやすくなるものです。

おすわりは、Sit Down、伏せは、Lay Down、待ては、Stay、お手は、Hand Shake、つけは、Heelと言います。日本語で、「ふせ」「つけ」というのは語感が似ていて犬にとっては聞きにくい言葉になってしまうのです。

しつけをする段階で、英語でしつけをすることで言うことが伝わりやすくなります。盲導犬などに出す指示は全て英語で行われています。飼い主が何を言いたいのかを確実に聞き取るにも英語はとても便利なものです。

英語で指示を出しながら、アクションを加えることで犬も理解度が高まります。慣れてくると、アクションをしただけでも指示に従うようになってきます。

英語でしつけるのは、最初は恥ずかしいと感じてしまうかもしれませんがスクールなどに通わせると、指示は英語で行うところが多いものです。小さいうちから、英語に慣れるようにしてあげることで、犬にもプラスになります。散歩の時に、英語で指示を出したり、アクションだけで犬に指示を出すことができたらカッコイイですよね。

犬も人間も慣れが必要になってきますから、ちょっと勇気を出してしつけを英語で初めてみましょう。少しくらい発音が悪くても、外国の人と話をするのではなのですから緊張をすることもありません。愛犬との距離を縮める方法だと思って、挑戦をしてみましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ