犬の威嚇

犬のしつけDVD対決

しつけが悪いと威嚇する

犬のしつけDVD対決 > 犬のしつけについて > 飼い主と犬の関係 > しつけが悪いと威嚇する

しつけが悪いと威嚇する

犬には、本能があります。先祖はオオカミですからどのような種類の犬でも威嚇をすることがあります。

犬は、群棲本能、服従本能、権勢本能があります。群棲本能というのは、群れで行動をするというものです。群れで行動をする場合には、横のつながりなどがなく縦社会になっています。

リーダーがいれば、リーダーのいうことは絶対なのです。服従本能というのは、リーダーに服従させることで下の位の人が上の位の言うことをきくということです。権勢本能というのは、家庭で飼う犬には、無くてもよい本能です。犬にも性格というものがありますから、どれかの本能が強い犬もいます。

犬のしつけが悪いと、自分が家庭でリーダーだと勘違いをするものです。

威嚇をしてきたり、吠えてきたりと言うことをきいてくれません。家族の中でも、言うことをきく人と、きかない人と差を付けてくることもあります。これは絶対にあってはならないことです。

犬は人間よりも下の位だということをわかるようにしてあげましょう。わがままに育ててしまった結果、威嚇をされて困ってしまうという家庭をテレビなどで見ることがあります。しつけ1つでこのような威嚇もなくなりますから、犬と人間の関係を構築するように心がけてみましょう。

多少、犬に我慢をさせることを覚えさせるだけです。いじめたりするのではないので、愛犬のためと思って行動に移すようにしましょう。愛犬とのコミュニケーションが取れるようになると更に楽しい毎日になるものです。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ