飼い主と犬の関係

犬のしつけDVD対決

飼い主と犬の関係

犬のしつけDVD対決 > 犬のしつけについて > 飼い主と犬の関係

飼い主と犬の関係

犬のしつけについての心構えとして、飼い主の立場についてはわきまえておく必要があります。

犬のしつけの基本中の基本といっても過言ではないでしょう。犬に刷り込ませるリーダー、飼い主の言うことは絶対であるという習性を理解することにもつながります。犬というのはもともと野生で暮らしているわけで、一匹ではなく集団で生活をしていたのです。

集団の中にはリーダーがいて、そのリーダーの言うことは絶対だったので、もし言うことをきかなければ仲間からはずされたり、制裁を受けたりしてすごしていたという習慣がありました。

今はペットブームも手伝って家で飼われていますから、集団ということもないでしょうけれど、犬は人間と一緒に生活をしている段階で集団生活をしていると感じています。飼い主、リーダーの言うことは絶対である、この習性はどんなに時代や暮らす環境が変わったとしても変わらないものです。

この習性はしつけをするのに大いに役立ちます。犬はリーダーの言うことには苦痛を感じない特性を持っているので、リーダーとして威厳ある態度を取ることが、飼い主として一番大切なことなのです。リーダーとしての威厳ある行動、それが犬のしつけがスムーズにいくか、てこずるかを左右するといっても過言ではないでしょう。

ですから、家に来たときから、飼い主のほうが立場が上であるということはしっかりと認識させておくようにしましょう。それが犬のしつけの基本でもあるのです。

飼い主は犬のリーダー

犬は群れで行動をする動物です。群れで行動をする場合には、群れの中にリーダーが存在します。リーダーとの上下関係が群れのバランスをとっています。

犬にはその本能がありますから・・・

・・・続きを読む

飼い主は犬よりも上の立場である

犬を飼うにあたって大事なことがあります。それは、犬との関係です。

犬はもともと、群れで行動をする生き物です。群れがあればそこにはリーダーがいます。リーダーの指示に従わないようであれば・・・

・・・続きを読む

服従トレーニング

犬は縦社会の集団の中で生活する動物であり、自分がリーダーでなければ、本能的に群れのリーダーに従う習性があります。しつけを進めていく上で、犬を叱ろうとしたら犬が飼い主に噛みついたきたり・・・

・・・続きを読む

主従関係をハッキリさせる

飼い主と犬との間でしっかりとした「主従関係」ができていないと、犬のしつけはうまくいきません。犬が飼い主に対して威嚇や反抗的な態度をするようになってしまいます。

主従関係をハッキリさせるための犬のしつけは・・・

・・・続きを読む

ご主人様の指示が一番

犬には、いろいろな癖があります。

嬉しいと感じている場合には、しっぽを振って教えてくれます。機嫌が良い、悪いがしっぽでわかってしまいます。犬と仲良くなれると・・・

・・・続きを読む

権勢症候群とは

犬のしつけをする際にぜひ知っておきたい言葉のひとつに、「権勢症候群(けんせいしょうこうぐん)」というのがあります。

権勢症候群は別名「アルファ・シンドローム」とも呼ばれていますが・・・

・・・続きを読む

しつけが悪いと威嚇する

犬には、本能があります。先祖はオオカミですからどのような種類の犬でも威嚇をすることがあります。

犬は、群棲本能、服従本能、権勢本能があります。群棲本能というのは・・・

・・・続きを読む

具体的なトレーニング

犬は飼い主が自分のリーダーなのだとわかると言うことをきくことになります。犬のしつけをすることが可愛そうだとしつけをしない飼い主が増えているそうです。

犬と人間の関係が逆転してしまうと・・・

・・・続きを読む

犬でも夜泣きする?

生まれたばかりの赤ちゃんは、夜一人の布団に入ると、不安と恐怖で夜泣きをする事があります。

それは家庭に迎え入れた犬にも同じことが言えます。犬と同じ・・・

・・・続きを読む

服従関係が重要

犬の基本のしつけとして「お座り」「待て」「伏せ」の三つがありますが、この三つというのは犬が人間の社会で一緒に暮らしていく、共存していくためにはとても大切なことなのです。

お座り、待て、伏せの三つは他のしつけが出来ていなかったとしても・・・

・・・続きを読む

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ