しつけと忍耐力

犬のしつけDVD対決

しつけと忍耐力

犬のしつけDVD対決 > 犬のしつけについて > 犬のしつけの基本 > しつけと忍耐力

しつけには忍耐力が必要

犬のしつけはかなり忍耐力が必要です。犬の子供も人間の子供もよく似ています。

早い段階でちゃんとしつけをしていれば、必ずそのしつけは犬の身に付いて一生忘れることがないので、しっかりとしつけをする事が大切です。しかしながら子犬のしつけというのはかなり忍耐力がいると思います。

トイレ一つ取ってみてもかなり忍耐力が必要なしつけになりますし、散歩の仕方も右も左もわかっていないような犬ですから大変ですよね。それに加えて礼儀やマナーも考えなくてはいけませんし、飼い主との関係も考えていく必要がありますから、これらすべてを小さい子犬のうちに根気よく一つずつ教えてあげる必要があるのです。

しつけでは何が一番大切か、それは飼い主の忍耐力なのです。人間の子供は言葉が通じるからまだ楽だと思う人もいるかもしれませんがそんなことはありません。

赤ちゃんだって最初は言葉がわかりませんから、子犬と同じです。犬も言葉を話すことは出来ませんが、ちゃんと飼い主の気持ちを理解してくれますし、言葉も理解できるようになります。それがどれくらい時間がかかるのかは犬によっても違っていますが、忍耐力を持ってしつけをしていれば絶対に身に着けてくれます。

実はしつけの成功は犬次第ではなくて、飼い主の接し方次第なのです。根気よく忍耐力をもって接していれば、必ず犬はしつけを身に付けてそれに答えてくれます。しつけは先が見えませんからとても大変だと思う人も多いですが長い目で見て進めていきましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ