しつけの態度

犬のしつけDVD対決

しつけの態度

犬のしつけDVD対決 > 犬のしつけについて > しつけの態度

同じ態度でしつける

犬のしつけをする際に注意しなければいけないこととして、飼い主はいつでも同じ態度でしつけをしましょう。もし犬が良いことをしたらほめてあげることが大切ですし、もし悪いことをしたならば、どんな小さいことでもしっかり叱っていきましょう。一貫した態度こそが飼い主に必要なしつけのポイントです。

飼い主が同じ態度を取っているということはしつけをされている犬にとっても混乱を招きません。犬はどれがいいことで、どれが悪いことなのか、その区別はつくはずがありません。しつけでその区別をつけていくわけですから、そのためにも常に一貫した態度を取っておきましょう。

犬が可愛すぎていたずらをしても許してしまうという飼い主がいますが、しつけのことを考えると絶対に甘えさせたり、甘やかせるということはよくありません。

犬を甘やかして育てると良し悪しの判断が付かなくなりますし、飼い主のことをリーダーだと思えなくなり、自分がリーダーかもしれないと錯覚してしまいます。そんな勘違いをさせてはいけないのです。

飼い主は心を鬼にしてでも犬のしつけをしっかりとやっていくことが飼い主としての責任です。

可愛いのはわかりますが、叱ることもその犬のためを思ってのことです。ですから、しっかりと愛情をかけながらしつけていきましょう。一貫した態度、そして暴力を絶対に振るってはいけません。暴力でしつける飼い主もいますがそれは決して良いしつけとはいえないので、必ず言葉で聞かせるようにして、暴力を振るわないようにしましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ