犬の食事の与え方

犬のしつけDVD対決

犬の食事の与え方

犬のしつけDVD対決 > 食事のしつけ > 犬の食事の与え方

犬の食事の与え方

犬が可愛いと食事を甘やかしてはいけません。しつけの中でも食事の部分はとても重要な部分になります。飼い主が食事をしている時間と、犬の食事の時間が同じということはないようにしましょう。あくまでも、リーダーが食事をした後に、自分の食事ができると認識させるのです。

自分の食事をしている際に、同じテーブルで食事をするというのは問題外です。ちょっと厳しいかもしれませんが、欲しいという顔をしてもおかずをあげるようなことはしないようにしましょう。毎日、決まった時間、決まった場所でご飯をあげるようにします。

朝食であれば、散歩の前にあげるようにすると、運動をし終わった後に排泄をするようになり、室内が臭くなることもありません。犬も人間と同じで不規則な生活をしていれば身体を壊します。

味も、人間と同じ味付けのものではいけません。犬にあった食事を摂らせるようにしましょう。言うことをきかない場合には、食事を離しておき、まてやふせなどの練習をするようにしましょう。飼い主のいうことは絶対だということを覚えさせるためです。

ここで甘やかしてしまうと、無駄にほえたり、落ち着きのない犬になってしまいます。犬の性格もありますが、大抵はしつけの仕方で犬の態度が変わってくるものなのです。

ペットは可愛いものです。できることなら怒ることなく、なでなでだけをしていたいと思うでしょうが、それでは後々、自分と愛犬が苦労をすることになります。頑張ってしつけをするようにしましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ