食餌のしつけ

犬のしつけDVD対決

食餌のしつけ

犬のしつけDVD対決 > 食事のしつけ > 食事のしつけの重要性 > 食餌のしつけ

食餌のしつけ

家庭内の犬のしつけで、いいかげんになりがちなのが、食餌のしつけです。

「犬は家族だから、人の食事と同じタイミングで食餌をさせる」「犬がこっちの食事風景をじっと見ているのはかわいそうだから、犬に先にごはんをあげる」などというスタイルをとっている家庭も多いと思いますが、これは間違い。

というのも、犬が野生で群れで暮らしていたころは、「群れのリーダー犬の食餌が終わってから、他の犬も食餌をする」という上下関係がハッキリとしていました。つまり、食餌においても「人の食餌が終わってから食べさせる」というしつけをすることが、飼い主と犬の主従関係作りに大きく関わってくるというわけです。

人と同じ時間、あるいはそれより先に食餌をする犬は、だんだん自分を「人間と同等、あるいはそれより上」と認識するようになってしまうのです。犬のしつけのために、心を鬼にしてでも「犬の食餌は人間の食事のあと」を徹底するよう心がけましょう。

また、食餌の時間をあまり決まりきった時間に固定しないことも大切です。毎日決まった時間に食餌をさせる生活が続くと、犬はその時間が近づくと食餌の要求をして飛びついたり吠えたりするようになるケースも少なくありません。ましてや、ここで要求にこたえて食餌をすぐに与えてしまうと、犬は「要求すればもらえる」と考えるようになり、要求行動はますますエスカレートしてしまいます。

食餌の要求行動のエスカレートを防ぐためには、犬の一方的な要求を無視するのはもちろんのこと、数日に一度は食餌の時間を1?2時間ずらすなどして、「この時間になれば必ずもらえる」という犬の思いこみを作らないようにしましょう。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ