子犬のトイレのしつけは叱らない

犬のしつけDVD対決

子犬のトイレのしつけは叱らない

犬のしつけDVD対決 > トイレのしつけ > 子犬のトイレのしつけ > 子犬のトイレのしつけは叱らない

子犬のトイレのしつけは叱らないことがポイント!

子犬のトイレのしつけはなかなか厄介です。一筋縄ではいきませんから、飼い主も手を焼いていることと思いますが、子犬のトイレのしつけが厄介だからといって叱ってはいけません。

どうしてもスムーズにトイレをする事ができなければ飼い主はいらいらしたり焦ったりして怒ってしまうでしょう。しかしトイレのしつけに関しては叱らずにしつけをしなければいけません。犬は叱られてしまうと、何を叱られているのかはわかりませんから、排泄する行為自体が、叱られる対象になっているのだと勘違いしてしまうのです。

トイレで排泄できなかったことに対して叱っているのに、犬は排泄そのものをしたことで飼い主が怒っていて叱られていると思ってしまうのです。もし間違っている場所に排泄しても、トイレではないところで排泄をしたとしても、何も言わずただ静かに掃除をしましょう。

間違っても叱らないようにしましょう。そしてトイレでちゃんと排泄することが出来たら、過剰なくらいに褒めてあげることが大切です。これを何度も繰り返していれば、それがトイレのしつけの成功につながります。

昨日は出来たのに、今日になって、トイレではないところで粗相をしてしまうこともあるでしょう。でも叱らずにいてあげてください。根気よく子犬のしつけに付き合ってください。

我慢して、いつか上手にトイレで出来る日を待ってあげることが、子犬のトイレのしつけでは、ポイントでありとても大切なことなのです。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ