トイレのしつけのポイント その1

犬のしつけDVD対決

トイレのしつけのポイント その1

犬のしつけDVD対決 > トイレのしつけ > トイレのしつけのポイント > トイレのしつけのポイント その1

トイレのしつけのポイント その1

犬のしつけの中でも、家庭内で特に重要になってくるのはトイレのしつけです。トイレのしつけができていない犬は、家の中でところかまわず排泄してしまうわけですから、これは非常に困った問題になってしまいます。

犬のトイレのしつけのポイントは、いくつかあります。まずは飼い主が、犬の「排泄しそうなしぐさ」を見分けられるようになること。犬は排泄の前に、床や地面のにおいをクンクンかいだり、クルクルとその場で回ったりなど、何らかの「排泄前のしぐさ」をします。このしぐさをトイレ以外の場所で取ろうとした時に、「ダメ」とストップをかけられること、これが大切です。

次に、だいたいの排泄時間のパターンを覚えること。犬は、一日の行動パターンがだいたい決まっています。きちんと観察していると、排泄の時間も毎日ほぼ同じような時間になっているケースが多いはずです。

これを利用して「そろそろ排泄の時間」というのが分かれば、その時点で先にトイレに連れて行きましょう。これはトイレの場所を覚えさせるのにとても有効です。

また、トイレの場所選びも重要なポイントです。トイレは、犬が落ち着いて排泄できるような環境であることが大切です。うるさいところ、人目が気になるところ、周囲が広くあいているところなどでは、犬も人と同じように「排泄しにくい」と感じてしまうのです。

部屋の隅など、落ち着けそうな場所にトイレを置いてあげましょう。また、「いつもそそうをしてしまう場所が同じ」という場合は、その場所にトイレを持ってくるというのもひとつの手です。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ