トイレのしつけのポイント その4

犬のしつけDVD対決

トイレのしつけのポイント その4

犬のしつけDVD対決 > トイレのしつけ > トイレのしつけのポイント > トイレのしつけのポイント その4

トイレのしつけのポイント その4

犬のしつけの中で、まず始めにとりかかりたいのが、トイレのしつけです。

実は犬というのは、とてもきれい好きな動物であり、寝床とトイレは区別する習性があるので早い段階からしっかりしつければ、比較的スムーズに身につく場合が多いのです。

まず、大切なのは犬の排泄のサインを見逃さないで、トイレに連れて行くということです。犬は、寝起きや食後、遊びの後などに排泄することが多いのでうろうろし始めたら、トイレに誘導してあげましょう。

子犬の場合は、始めからうまくいかなくて粗相することも多いですが、うまくトイレで排泄できたら体を優しく撫でて、思いっきり褒めてあげることが大切です。トイレを覚え、誘導しなくても自分の意思でトイレに入って排泄するようになったら、誘導は止めましょう。

また、失敗しても決して叱ってはいけません。叱られると排泄すること自体が悪いことだと認識するので、別の場所で隠れて排泄したり、排泄自体を我慢して体調を崩すことにもなりかねないので気をつけましょう。

粗相をした場合は、叱らないでその場所をきれいに掃除しておきましょう。臭いが残っていると犬がトイレだと勘違いすることもあるので、完全に消臭しておきましょう。

更に、トイレの場所を一度決めたら移動させないというのもポイントです。トイレの場所をむやみに動かすと、犬が場所に慣れずにどこで排泄したらよいか分からなくなり、しつけが身につきにくくなります。トイレに自分のおしっこが臭いがついたシートなどがあると、臭いをたどってトイレの場所を認識するのでトイレに行きやすくなります。

>> 【結果発表】人気の犬のしつけDVD対決!3人のアラサー女子が選んだのは!? <<

ボトムフッター
ページのトップへ